読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ葉のクローバー

…ある日、突然やって来た小さな天使。幸せを運ぶ青くない小鳥(笑)と、主と私の毎日です。

ピーたんのスリム化😄

スズメって臆病で、ちょっとした物音なんかにも敏感に反応します。


f:id:runa921:20170112093910j:plain


今まで丸っこい小さな生き物だったのに、しゅるんっ!と伸びて警戒しています。


今の、何だった⁈

怖い音なのかな。


f:id:runa921:20170112094851j:plain


…うん、大丈夫みたいね。


それから、お皿の中を覗く時にもつま先立ちして見ています。


f:id:runa921:20170112095844j:plain


初めてのカニ🦀に興味しんしん。

(…あの目つき!(笑))


f:id:runa921:20170112100338j:plain


お寿司を食べている時にも

「そっちにも、何だか美味しそうなのあるね」


びっくりしたり怖かったりで、警戒していることも多いですが、好奇心いっぱいでしゅるんっと伸びている事もあって、そんな姿も可愛いなぁ〜と思ってしまいます。


大丈夫だよ。

お母さんも主も、キミの事、全力で護るから。

キミはお母さんに笑顔をくれた青い鳥なんだからね😊✨


大人の顔

f:id:runa921:20170111003929j:plain


ピーちゃん、このところぐっとスズメらしくなってきました。


以前はお腹の羽毛が黒っぽかったのに、すっかり抜け落ちてうす茶色…

立派なネクタイと、頰の黒丸模様は、お外のスズメさん達と変わりません。

足には羽毛の股引きも履いています(笑)


何よりもびっくりなのは、ご飯を食べるのが本当に上手くなったこと。

今日は自分で籠からミルワームを選び、咥えていって上手に飲み込んだそうです。

教えた訳じゃないのに、頭をキュッと締めて、もぐもぐゴックン!したとか。


大好きなご飯粒も、あちこちにつけなくなってきたものねー😊✨

以前はくちばしの上にくっ付いたご飯粒が取れなくて、必死だったのに。


f:id:runa921:20170111010825j:plain


主は身体の小さなキミが、大き過ぎる餌入れの中にスッポリと収まって、ご飯を食べている姿がとても可愛いんだって。

お尻…つっかえてますけどね、ピーちゃん😄


お母さん、涙する(;ω;)

年末年始が仕事の為、今日は早朝から寮に戻ってきました。

4日ほどピーちゃんの顔が見られないので、いって来るよのあいさつのつもりで手にのせると、寝ぼけまなこのピーたん、私の手のひらの中でうたた寝を始めました。

水仕事の後で、冷たい手だったのに…

お母さんの側が一番安心するよって言われたみたいで、何だか泣けてきて😢


f:id:runa921:20161230080131j:plain


ピーたんのことは主がいるから、何も心配ないのだけど、私が寂しくて仕方がないのです。

だけどキミに美味しいご飯を食べさせてやりたいし、主にばかり負担を掛けるわけにはいかないから、今日も母は頑張るのだよ💪


寮に着いて、朝ご飯にピーたんの大好きなハイジの白パンを食べていると、あのつぶらな瞳やふわふわした羽根の手触りを思い出します。

背中をそっと嗅ぐと、その時に食べていたものの匂いがふんわりとしてくる小さな小鳥に、たまらなく逢いたくなってきて…


思い出すとまた涙が出そうになって、慌ててコーヒーで流し込みました。


大丈夫、護るべきものが出来た母は、強いんだよ!

ピーたん、今日もお母さんはキミの写真を見ながらお仕事してくるから、帰るまでお母さんの顔を忘れないでね🐤✨


f:id:runa921:20161230080233j:plain


人とスズメ

以前ネットで、保護スズメさんに家族がいろんなものを味見させていて、人間と同じものを食べさせるのは心配…

という相談を読んだと思うのですが、私もにゃー🐱と暮らしている頃は、食べ物を完全に分けていました。


味の濃いものはもちろんダメだし、玉ねぎ中毒なんかもあるので、やはりキャットフードが安心です。

晩年は刺し身やささ身の焼いたものなども、少量食べていましたが、彼は20年という歳月を共に暮らしてくれました。


特別な健康管理をしていたわけではないし、食べ物がどのくらい影響があったのかわかりませんが…


スズメに関しても同じだと考えた私は始め、ピーちゃんが食事時に私達と同じものを食べたがるのは、良くないことと思っていました。


私の考えが変わったのは、獣医さんの書いたスズメのチュンちゃんの話を読んでからです。

チュンちゃんは虫や稗や粟など、スズメの食べ物ももらっていましたが、食事時には人と一緒にいろんなものを食べていました。


世界で一番いろんなものを食べたスズメかもしれないと、書かれてありました。


現在我が家のピーちゃんも、ほとんどのものを味見します。

もちろん、極端に味の濃いものや刺激物、熱いものなどは食べさせていませんが…


f:id:runa921:20161227205630j:plain


唐揚げや、


f:id:runa921:20161227205832j:plain


ご飯粒はもちろん、


f:id:runa921:20161227210112j:plain


果物やグラノーラや、人参🥕白菜、サツマイモなどの野菜、あんパンやケーキ、アイスクリーム、カフェ・オ・レも大好きです。


人と同じものを食べさせるのは、良くないことなのかもしれませんが、我慢させてストレスになるのもどうなんだろうと思ったり。


ただ…一緒に食卓を囲めるのは、人とスズメであっても、楽しくて幸せだなぁーと思うのです。



クリスマス🎄

宗教的なことは何も関係ないけれど、クリスマスってやっぱりわくわくします。


私にとってはツリーを飾り、キラキラのイルミネーションを楽しみ、家族と一緒に美味しいケーキや大好きなフライドチキンを食べられる日なんですがね…(笑)


今年は24日の夜に、主にケーキを買いに連れて行ってもらいました。

初めて行ったケーキ屋さんでしたが、たくさんの人が並んでいてどれも美味しそう。


2つずつ選んで持ち帰り、夕食の後に紅茶を入れて、写真を撮ろうとお皿にのせると…


f:id:runa921:20161225124741j:plain


さっそくピーちゃんがやって来ました。

スズメってカラフルなものが好きな気がします😁


ムムムッ…これは何…?きれいな色…。


f:id:runa921:20161225125340j:plain


こっちも甘そうないい匂い…


f:id:runa921:20161225130058j:plain


いただきま〜す🍰


お母さん、お写真撮ってる間に僕、食べちゃうよ?



餌台

主が、出窓に野鳥のための餌台を設置してくれました。


f:id:runa921:20161223034700j:plain


小鳥の大好きな私は、以前から野鳥たちがうちに遊びに来るといいなぁと思っていたので、いつかは餌台の設置を主に頼もうと考えていたのです。


ピーは小鳥用の餌を贅沢喰い?するようになってしまって(…でも、小鳥ってみんなそうなんですよね>_<…)餌入れのご飯をくちばしで掻き出して、好きなものばかりを先に食べてしまいます。


小屋の床には、小鳥用フードが散乱…

拾って食べることもありますが、私が1日一回の小屋掃除の際に、捨ててしまいます。

冬場は、野鳥さんたちだって食べるものが少ないだろうに…なんてもったいない。


それで窓の外にばら撒いたりしていたのですが、地面に撒いたのではなかなか、食べている姿が見られない…

できれば近くで観察したいし、常連さんが出来たら嬉しいな。



設置した餌台にさっそくピーの掻き出したご飯をのせ、少し古くなった稗の穂を取り付けると、なんとピーちゃん、家の中の出窓から見つけて怒っている様子。

ジジジジジ…と大きな声で鳴きながら、餌台を眺めている。


自分のご飯が外に出ているのが気にくわないの?

初めて見た餌台に、警戒しているだけ?


f:id:runa921:20161223162824j:plain


キミはお家の中で護られて、美味しいご馳走を一番に食べているんだから、外の鳥さんたちにも少し分けてあげようね😊✨


野鳥さんたち、遊びに来てくれるといいなぁ〜。



お寿司🍣

少し前の出来事です。

今でも私は、お寿司を食べるとこの時の出来事を思い出し、笑ってしまいます。


その日は夜勤明けで、私は疲れ切ってソファーでうたた寝していました。

昼過ぎに主が「お寿司買ってきたから」と声かけしてくれたのですが、すぐには起き上がれず、しばらくはゴロゴロしていました。


やっと目が覚めてテーブルに着くと、そこにはすでにピーちゃんの姿が…


f:id:runa921:20161221230648j:plain


あれっお母さん、遅かったね。

ぼく、先にいただいちゃってるから。


f:id:runa921:20161221231029j:plain


この黄色いの、美味しいね。

ぼく、気に入っちゃったよ!


…ぷぷぷっ😆ピーちゃんたら。

初めてのお寿司は美味しかったかい?


小っちゃなキミの嬉しそうな姿は、私にとっても幸せだよ。