読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ葉のクローバー

…ある日、突然やって来た小さな天使。幸せを運ぶ青くない小鳥(笑)と、主と私の毎日です。

小さな天使が来た日 その2

まったく鳴かない、グッタリした様子のヒナを見て、私はすぐにネット検索して対処法を調べました。


冷蔵庫には、水分が取れなくなった私の猫の為のポカリスエットが一本。

すぐに綿棒に浸し、くちばしの横をつつくと、ヒナは僅かに口を動かしたように見えました。

何度か繰り返し、しばらく様子を見ていたら、ヒナは薄眼を開けて少し身体を動かしたのです。


大丈夫かな?水分補給の仕方は、間違ってなかったかな。


急いでカイロを出してもらって保温すると、次はご飯の準備です。

取り急ぎ用意出来るものは、ドックフードだったので、砕いてお湯でふやかして。


その後も水分補給を続け、ヒナが弱々しい声で鳴くようになった頃、温めたドックフードを食べさせました。


f:id:runa921:20161205203348j:plain


口を開けてくれなかったら、どうしよう…なんて心配することもなく、頑張って食べてくれたヒナ。

主は近所の釣り具店で、イトミミズを買ってきました。



…日付が変わった深夜に、私の愛する猫は静かに、天国への階段を登っていってしまいました。


f:id:runa921:20161206204338j:plain


にゃんちゃ、20年間そばに居てくれてありがとう。

あなたは私にとって、世界でたった1匹の、かけがえのない猫だったよ。


またいつか出会って、私たち、家族になろうね。