読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ葉のクローバー

…ある日、突然やって来た小さな天使。幸せを運ぶ青くない小鳥(笑)と、主と私の毎日です。

子育て

それからとても忙しい日々が始まりました。


ネットでは2時間置きに…と書いてありましたが、(後でこれは、正確な情報でないことがわかりました)ヒナは30分毎に、もしくは私達がそばを通るたびに、大きな口を開けてご飯の催促をするのです。


うまい具合にこの頃、主の仕事はあまり忙しい時期ではなくて、休日や早帰りが続いていました。


主は30分毎にすり餌かアカムシの用意をし、赤い耳かきで給餌していました。

給餌専用のヘラがあるというので、探しに行ったのですが売っておらず…

私は不器用なので、割り箸を薄く削るなんてこともできず、耳かきの出番となったのです。


f:id:runa921:20161206201512p:plain


でもヒナは早くご飯をもらおうと少しもジッとしておらず、頭を動かしてしまうので、すり餌が上手く口に入らずに、くちばしの回りに付いてしまいます。

当然、まだ自分で擦り付けてくちばしを掃除することもできません。

鼻の穴に入ると大変!と、湿らせた綿棒でそっと拭いてやるのですが、ヒナは逃げ回り、食事の度に大騒ぎでした。


f:id:runa921:20161206201639j:plain


たくさん食べて、満足まんぞく。

ご飯、美味しかったよ!