読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ葉のクローバー

…ある日、突然やって来た小さな天使。幸せを運ぶ青くない小鳥(笑)と、主と私の毎日です。

餌台

主が、出窓に野鳥のための餌台を設置してくれました。


f:id:runa921:20161223034700j:plain


小鳥の大好きな私は、以前から野鳥たちがうちに遊びに来るといいなぁと思っていたので、いつかは餌台の設置を主に頼もうと考えていたのです。


ピーは小鳥用の餌を贅沢喰い?するようになってしまって(…でも、小鳥ってみんなそうなんですよね>_<…)餌入れのご飯をくちばしで掻き出して、好きなものばかりを先に食べてしまいます。


小屋の床には、小鳥用フードが散乱…

拾って食べることもありますが、私が1日一回の小屋掃除の際に、捨ててしまいます。

冬場は、野鳥さんたちだって食べるものが少ないだろうに…なんてもったいない。


それで窓の外にばら撒いたりしていたのですが、地面に撒いたのではなかなか、食べている姿が見られない…

できれば近くで観察したいし、常連さんが出来たら嬉しいな。



設置した餌台にさっそくピーの掻き出したご飯をのせ、少し古くなった稗の穂を取り付けると、なんとピーちゃん、家の中の出窓から見つけて怒っている様子。

ジジジジジ…と大きな声で鳴きながら、餌台を眺めている。


自分のご飯が外に出ているのが気にくわないの?

初めて見た餌台に、警戒しているだけ?


f:id:runa921:20161223162824j:plain


キミはお家の中で護られて、美味しいご馳走を一番に食べているんだから、外の鳥さんたちにも少し分けてあげようね😊✨


野鳥さんたち、遊びに来てくれるといいなぁ〜。