読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ葉のクローバー

…ある日、突然やって来た小さな天使。幸せを運ぶ青くない小鳥(笑)と、主と私の毎日です。

お母さん、涙する(;ω;)

年末年始が仕事の為、今日は早朝から寮に戻ってきました。

4日ほどピーちゃんの顔が見られないので、いって来るよのあいさつのつもりで手にのせると、寝ぼけまなこのピーたん、私の手のひらの中でうたた寝を始めました。

水仕事の後で、冷たい手だったのに…

お母さんの側が一番安心するよって言われたみたいで、何だか泣けてきて😢


f:id:runa921:20161230080131j:plain


ピーたんのことは主がいるから、何も心配ないのだけど、私が寂しくて仕方がないのです。

だけどキミに美味しいご飯を食べさせてやりたいし、主にばかり負担を掛けるわけにはいかないから、今日も母は頑張るのだよ💪


寮に着いて、朝ご飯にピーたんの大好きなハイジの白パンを食べていると、あのつぶらな瞳やふわふわした羽根の手触りを思い出します。

背中をそっと嗅ぐと、その時に食べていたものの匂いがふんわりとしてくる小さな小鳥に、たまらなく逢いたくなってきて…


思い出すとまた涙が出そうになって、慌ててコーヒーで流し込みました。


大丈夫、護るべきものが出来た母は、強いんだよ!

ピーたん、今日もお母さんはキミの写真を見ながらお仕事してくるから、帰るまでお母さんの顔を忘れないでね🐤✨


f:id:runa921:20161230080233j:plain